1. TOP
  2. 結婚前に借金を返したい!自己破産の手続きの流れ

結婚前に借金を返したい!自己破産の手続きの流れ

自己破産

結婚前 自己破産

結婚前に借金を返したいという思いから自己破産をする場合、これは手続きの流れは書類を揃えて準備していくことになるので、分からない点はインターネットから調べることが出来れば、役所や法律事務所など、無料でやり方を教えてくれる窓口はたくさんあるので覚えておくと良いです。

根本的に結婚前に借金を自己破産で解決する場合に考えなければならない事は本当にそれが最善の選択なのかどうかという点です。

結婚前に破産しますと、これは特に生活で大きな支障が出るというわけではありませんが、大きなデメリットになることは財産を大半失うことになるという点です。また、結婚をしてから後々に住宅ローンやカーローンを組みたいと思っても、信用不足からローンを組めないことがあります。

破産をすると借金を全て消すことが出来ますが、債務整理は他の方法もあって他の方法を活用する方がメリットになることもあります。

その為、流れとして覚えておきたいのが、まずしっかりと自分の借金の状況を弁護士に相談しておき、そこから破産以外の別の債務整理の手段を利用する方がメリットがあるかどうかを確認しましょう。こうして調べた結果、やはり自己破産が最善ならば実行すると良いです。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

結婚前のパートナーの借金は返済義務があるの?

結婚では、死がふたりを分かつまでという誓いをして夫婦になります、

ですが、パートナーが結婚前に借金をしていた場合、配偶者となったら返済義務を背負うことになるということにはなりません。

このことで当事者となるのは金を貸した人と借りたパートナー、そして保証人となった人だけです。

つまり、結婚後に借金をしたとしても、返済義務は一切ありません。

ただ、借りた時期で大きく違うことは、パートナーの有責で離婚したくなったときに、結婚前であれば『共有財産』にはならずに、結婚後であればプラスの財産だけでなくマイナスの財産も『共有財産』になるということです。

従って、離婚によって財産分与をすると、結婚前であれば返済義務がないままで終わりますが、結婚後だと返済義務が発生してしまい困ったことになります。
では、結婚前のパートナーの借金は、配偶者には一切関わりのないことかというと、そういうわけでもなく、パートナーが死亡した時には、相続が行われて相続放棄をしないと返済しなければいけなくなります。

マイナスの財産まで相続しないようにするためには、パートナーの生前に個人信用情報を問い合わせるなど、日頃から準備をしておくことが重要です。

結婚前の借金について、自己破産して結婚するか?
結婚前の自己破産を配偶者に知らせるか?
難しいところですが借金返済には返済義務がありますので、早めに債務整理の続きを行いたいですね。