1. TOP
  2. 督促状が来てしまったら

督促状が来てしまったら

借金返済

督促状 借金返済

督促状が来てしまったらどのように対応すればいいのかというと、まずなぜ督促状がくるのかとういうと借金返済をしないからですが、督促書面が郵送されてくる前に何回も電話で連絡がきているはずです。

日中仕事をしている場合は電話に出られないのは仕方がないことですが、夜であれば20じまででしたら電話はつながります。

知らない番号であったから不安sで電話にでなかったとしても借金返済が遅れていることを自覚していれば、なんとなく想像はつくはずです。

その連絡がきているにもかかわらず、あえて無視して放置していると、連絡がとれないということで自宅に督促書面が送られてくることになります。

どのような内容の書面化というと借金を返してくださいという内容なのですが、いつまで支払ってください、その日までの支配金額の内訳は、元金がいくらで利息がこのくらいかかりますといった内容がかかれています。

すみやかに支払うことです。それが難しい場合は、連絡をすれば相談に乗ってくれます。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

借金返済で起こる金融会社とのトラブルとは

借金返済で起こる金融会社とのトラブルで最たるものは、過払い金の問題です。

ローンの契約は、金融会社と消費者の契約によって成り立っています。

この契約には金利に関する取り決めも存在し、この金利の幅によって金融会社の利益が決定されます。

しかし、金融会社の中には消費者に知らせずに法定外の金利を要求する会社も存在するのです。

そのような会社が設定した金利に基づいて借金返済をしていると、金融会社に対して支払わなくても良いお金が発生することになり、消費者の負担は大きくなってしまいます。

これが、金融会社との過払い金問題です。

過払い金問題のポイントは、消費者には何の罪も無い問題であるということです。

そもそも、借金に対して金利を設定することが出来る権利を持っているのは、実際にお金を貸している金融会社のみです。

金利の設定を間違えるのは金融会社しかありえないため、過払い金に関しては請求すれば必ず支払いすぎたお金を返還してもらうことができます。

実際にトラブルに巻き込まれたときには、遠慮せずに法律家に相談して返還請求をしましょう。