1. TOP
  2. 民事再生とは

民事再生とは

民事再生

本ページは、借金問題における債務整理について

  • 民事再生とは
  • 民事再生のメリット
  • 民事再生と住宅ローンの関係

を紹介します。

民事再生

民事再生とはいくつかの条件を満たした債務者が利用出来る債務整理方法であり、任意整理や特定調停よりも大きな債務削減効果が期待出来るものとなっています。

利用できると認められるための条件としては「住宅ローンを除いた債務総額が5000万円以下であること」、「今後返済不能になる可能性が高いもしくはすでに返済不能になっていること」、「継続的に収入を得る見込みがあること」の三つのことがあり、すべてを同時に満たしていた場合に民事再生は利用出来るようになります。

民事再生

さて、ではこの民事再生を行うとどうなるのかについてですが、まず債務額については最大で1/5まで圧縮してもらうことができます。

仮に借金が5000万円あった場合には1000万円まで返済額が減額されますから、かなり大きな債務削減効果があると言えます。

この減額された借金については原則として3年間で完済を目指して返済プランの再設定が行われますから、3年間で完済出来る額まで債務を減額してもらえたのであれば十分な価値があるでしょう。住宅ローン
また自己破産と比べると住宅を失う必要が無いということも大きなポイントですから、一般的には住宅ローンの返済中であるために自己破産が選べない債務者に向いている方法だと言えます。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

個人民事再生とは

個人民事再生とは住宅を維持したまま多額の債務の減額を行い、残りの債務を3年かけて返済していくものになります。

自己破産のように資産を手放す必要もほとんどなく、給与所得で返済を行っていくことができると裁判によって認められた場合に行うことができる借金減額の方法の一つです。

住宅資金特別条項を利用することで住宅を維持したままで他の借金を減額することが可能になりますが、住宅以外の自動車などの資産はローンを組んでいる場合には手放さなくてはならなくなるケースもあります。

個人民事再生とは

個人民事再生は債権者と債務者の話し合いで借金の返済額などが決まる債務整理よりも大きく債務を減らすことができるケースも多いのですが、継続的または反復的に収入を得られる見込みがある人しか行うことができません。

また、債務の総額が5000万円以下の場合にのみ個人民事再生を行うことが出きます。資産を手放す
個人民事再生の一番大きなメリットである住宅に関しては、支払回数や方法の変更は行えることがありますが、ローンの金額は一切変更なく支払いを継続していく必要があります。

そのため住宅ローン以外の借金が多い状態では個人民事再生を行っても総額はほとんど変更がなく、メリットがなくなってしまうことがあります。

個人民事再生の住宅ローンについて

個人民事再生とは簡単に言うと、裁判所に申し立てをすることで借金が減額されることです。借金減額そして減額された借金を、所定の年数内で分割返済していくことを条件に、残りの借金に対する支払い責任が免除されると言う制度です。

個人民事再生と住宅ローンの間には、様々なつながりがあります。まず借金が住宅ローンのみであると言う場合でも、個人民事再生は適用できると言う点です。出しこの場合、その額が減額されると言う措置はとられません。

その代わりに返済措置の延長がとられるのが一般的です。申し立てをした人の住宅に関してですが、まず住宅ローンの支払いも終わっており、住宅が何らかの担保にもなっていないと言う場合は、個人民事再生手続きが済んだ場合には、そのまま住み続けることもできますし、資産として所有することもできます。

一方、住宅ローンが残っており、その住まいに、ローン以外の担保等がついている場合です。

この場合には、所定の要件を満たしたうえで住宅資金特別条項を適用させ手続きに成功すれば、ローンについては支払い方法を変更して、今後も分割でその全額を支払うことにより、住宅を資産として所有し続けることが可能となります。

また同時に、ローン以外の借金については減額させたうえで分割での返済が可能となります。