1. TOP
  2. 借金返済
  3. 債務整理の弁護士費用(借金返済を弁護士に頼むとき)

債務整理の弁護士費用(借金返済を弁護士に頼むとき)

借金返済 弁護士費用
債務整理

債務整理の弁護士費用

本ページは、借金返済の方法として

  • 債務整理とは
  • 自己破産、任意整理、個人再生
  • 債務整理の弁護士の選び方
  • 債務整理の弁護士費用

について紹介します。

債務整理にかかる弁護士費用とは

債務整理

債務整理とは法律にのっとって借金の減額を行う手続きの事です。

債務整理には自己破産、任意整理、個人再生といったものがありそれぞれに特徴があります。

債務整理とは

自己破産

自己破産についてですが、これは現在ある借金が全て免除されるというものです。ただし、浪費やギャンブルなど理由によっては免除されないものがあったり、既存の資産は最低限のものを除いて没収されます。

また、ブラックリストに載ってしまうため、新たな借り入れクレジットカードの作成ができなくなります。
任意整理 司法書士

任意整理

任意整理とは、司法書士や弁護士を通じて借入先に借金の減額等の申し入れを行うものです。こちらも自己破産と同様に、ブラックリストに載ってしまう、自己破産とは違い債務が免除されるものではないという特徴があります。

個人再生

個人再生とは借金を大幅に減額した後に返済をしていくというもので、自己破産とは違い自宅を手放さなくてもよい、ギャンブルや浪費でも利用できるなどがあります。
しかしこちらもブラックリストに載ってしまう、手続きが煩雑であるなどのデメリットがあります。

債務整理には上記のようにいくつか手段がありますが、それぞれの特徴をよく理解した上でどれを利用すべきか判断することが重要です。
専門の法律家に相談することが早期解決の近道となるでしょう。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

債務整理メリット・デメリット

メリット

債務整理を行うことのメリットとしてはまず債務の削減が狙えるということがあります。
債務整理メリット
選ぶ債務整理の方法によって具体的に減額される金額は異なりますが、どのような方法であっても返済の負担が軽くなるというのは共通していることです。

その他のメリットはそれぞれの方法によって異なるため、自分が選ぶ方法によって得られるメリットは異なるとして考えておくようにしましょう。
債務整理 デメリット

デメリット

次に債務整理のデメリットについてですが、まずどのような方法でも債務整理をした場合にはブラックリストに掲載されることになります。

実際にはブラックリストというものはなく正確には「個人信用情報に金融事故が記録される」ということになるのですが、最長10年間は新しい借金は出来なくなるというのはデメリットとして覚えておく必要があります。

また選ぶ方法にもよりますが弁護士などの専門家に依頼しなくてはならないために報酬を支払う必要が出てくるというのもデメリットと言えるでしょう。

弁護士費用もほとんどの事務所が分割払いに対応していますからそこまで大きな負担にはなりませんが、家計の状況によってはその報酬を支払えるかどうかまず考えなくてはなりません。

ただこういったデメリットがあるとはいえ、返済が難しくなっている状態で放置するのはほとんどの場合いいことではありません。

そのためもし返済が難しいと感じた時には弁護士や司法書士に相談して、債務整理をするべきかどうかのアドバイスをもらうようにすると良いでしょう。

債務整理の弁護士への費用は?

債務整理の弁護士費用ですが、どの種類の債務整理をするのかによって異なります。

最も多く行われている任意整理のケースですと、着手金が1社につき3万円から5万円程度、成功報酬が10%から20%程度というのが相場のようです。
債務整理 弁護士費用
料金設定は法律事務所によって異なり、中には着手金がゼロというところもあります。着手金が低いところでは、成功報酬が高めに設定されている傾向があるので注意です。

成功報酬

成功報酬が10%というのは、借金の金額の10%という意味ではないことに注意しましょう。

例えば、借金の元本が100万円あり、利息と遅延損害金をゼロにしたことで50万円の減額ができたとします。

すると、減額できた50万円の10%である5万円が成功報酬ということになります。

自己破産の場合ですと、成功報酬というものはなく、着手金で40万円から60万円程度がかかるようです。

自己破産の場合には、弁護士費用のほかに裁判所費用もそれなりに高額になることに注意しましょう。
裁判所費用
ほとんどの場合は同時廃止になり、予納金、切手代、印紙代などで2万円程度がかかるだけですみますが、管財事件になると20万円から50万円程度がかかってしまいます。

まずはどの種類の債務整理がメリットがあるのかを考えてみましょう。多くの法律事務所では、初回の相談料は無料になっていますので、有効活用しましょう。