1. TOP
  2. 任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリット

任意整理

任意整理とは

任意整理とは現在選ぶことができる債務整理の方法の一つであり、最も手軽にできる方法としてもよくしられています。

ではこの任意整理とは一体どういった債務整理の方法なのかというと、基本的には「裁判所に対して申し立てをするのではなく、債権者と債務者が交渉を重ねて債務の返済条件を再設定する方法」と説明できます。

裁判所という公権力に頼むのではなく債権者と債務者が交渉を重ねて任意で債務整理の条件を決定するため、任意整理と呼ばれているわけです。任意整理とは

任意で条件が変化するため一概にこうなるということは言いづらいのですが、おおよその場合は現在返済が苦しくなっている債務の将来的な利息のカットと、今後の返済プランの再設定といったことが行われることになっています。

債務を減額する効果はその他の債務整理方法と比べるとやや劣るというデメリットがありますが、裁判所に対して申し立てをする必要が無いためにかなり手軽に債務整理にはいれるというメリットがあります。返済総額 減額

また将来的な利息のカットは最終的な返済総額の減額につながりますから、「生活が出来なくなるほどではないが返済が苦しく、もう少し返済を楽に行いたい」といった人には強くおすすめできる方法であると言えるでしょう。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットにはまず「手続きなどにかかる経費が少ない」ということが挙げられます。

特定調停や個人再生、自己破産と言った方法は裁判所で手続きを行わなくてはならないため手間も費用もかかるものなのですが、任意整理の場合は債権者に直接交渉を申し入れれば良いだけですからコスト面は非常に優れた方法です。

また「裁判所に申し立てをする必要が無いため司法書士でも十分に対応してもらえる」ということも、場合によってはメリットになるでしょう。任意整理 メリット

特定調停などのように裁判所に申し立てをするとなると弁護士の方が制度的に有利な部分が多いですから司法書士に依頼をするのはおすすめ出来ないのですが、任意整理の場合は弁護士でも司法書士でもおおよそは変わりませんから報酬が安くすみます。

ただ過払い金などを含めた債務者側の利益が140万円以上になる場合には弁護士が取り扱うべきとなりますので、ここは留意しておきましょう。任意整理 デメリット

これらに対してデメリットは何かというと、大きいのは「債務削減の効果が小さい」ということです。

任意整理は基本的に今後の利息のカットと返済期間の再設定の二つの条件で合意を目指しますから、例えば債務の全額が帳消しになる自己破産のような制度と比べると債務削減効果は小さくなります。

また任意整理でも金融事故の一種として扱われるため個人信用情報に傷がつく、債権者が合意しなかった場合には交渉が成立しなくなるなどのこともデメリットになりますから、特徴を押さえた上で債務整理の方法を選ぶようにしましょう。

債務整理における任意整理のメリットをデメリット紹介しました。