1. TOP
  2. 借金返済
  3. ブラックリスト
  4. ブラックリストは存在するのか?借金の悩みQ&A

ブラックリストは存在するのか?借金の悩みQ&A

ブラックリスト
借金返済 ブラックリスト

借金返済の悩み・自己破産を考えるときに心配となるのが

  • ブラックリストは存在するのか?
  • 金融事故によるブラックリストのデメリット
  • ブラックリストを回避する借金返済方法

を紹介します。

ブラックリストの存在

ブラックリストは存在するのか?気になる借金返済方法

多くの人の借金の悩みとして、ブラックリストに名前が載ることを恐れることがあります。

延滞や自己破産などの債務整理を行った場合には、信用情報機関にその履歴が残ります。

金融機関などは、借り入れの申し込みがあった場合にその信用情報機関の履歴を参考にして、審査に通すかどうかを判断します。

 

この信用情報機関に載ってしまうことを、一般的にブラックリストに載るといっていますが、実際にはブラックリストという名前のリストが存在するわけではありません。

借金で金融事故などを起こしてしまいまい信用情報機関に載ってしまいますと、なかなかもうキャッシングやカードローンを利用することが難しくなります。

その結果一般的な金融会社で借り入れができなくなりますので、闇金などに走りがちになってしまうのです。
ですので、借金の返済には十分に気をつけ、遅延なども起こさないようにします。

履歴は一定の期間が過ぎれば消されますが、その間の不便さは計り知れませんので、きちんと返済するという基本的なことを守るべきでしょう。
 

計画的に借金の返済方法を考え進みたいところです。

無視してそのままにしておくより、弁護士に相談し、借金の減額、返済金額見直しなど少しでも、返済がスムーズに進む策をとりたいところですね。
 

よく考えて下さい。
借金をそのままにしておいて、借金は減りますか?

借金の利息はがかさみ、さらに、本人以外にも迷惑をかけることも考えれます。
 
借金 ブラックリスト

家族や彼女・奥さんに内緒でお金を借りていた場合
返済が滞ることで、家族に連絡が行く場合もあります。
最初は、借金取りという名目を隠し、本人の所在の確認レベルかもしれませんが、バレるのも時間の問題です。

となるとしっかり返済期日を守って返済していかないといけないわけですが、
実際、借金の返済が滞るということは、返済の見通しが立っていないということでしょう。

お金がなければ返済はできません。
しかし、債権者を邪見にすることはできませんし、もちろん、無視することもできません。

今月は返済できないと連絡したところで、債権者からいい返事がくることもないでしょう。
 

そこで、考えたいのが債務整理です。
借金をムリに、資産を売って返すというものではありません。

あなたの借金問題に関して、弁護士が入り、債権者との今までの返済に対しての見直し、今後の返済計画を協議してもらうのです。

  • 借金総額を見直す
  • 過払い金がないか?確認する
  • 毎月の返済金額を見直す
  • 借金の減額交渉を行う

などが、それにあたります。
 

債務整理の良いところは、
弁護士が間に入ることで、弁護士が窓口となるため、督促の電話が直接本人にかかってくることは無くなります。

督促電話のストレスから解放されるだけでも、今後のことをゆっくり考える時間ができることでしょう。

また借金総額が膨らみすぎ、これ以上返済の見込みがないという場合は、自己破産の手続きも行ってくれます。

そこで、借金問題に強い弁護士情報を紹介してくれるのが街角法律相談所の無料相談です。

そんな街角法律相談所を利用するメリット

  • 弁護士や司法書士という専門家が無料で自分がする相談に対して返答を行ってくれるということ

  • 任意整理が得意である近くの法律相談所を見つけることができるということ

  • 手軽に相談することができるので大幅な時間の節約になるということ


などが挙げられます。

80%の借金解決率という大きな実績もとっても心強いですよね。
借金を抱えているけれど、その返済方法に対して悩んでいるという方は一度相談してみることをお勧めします。
何も分からないような状況で一人でただひたすらに悩んでいても何も解決しませんので、1日も早く借金生活から逃れるための第一歩にご利用ください。
借金返済シミュレーター

>> 街角法律相談所はこちら << 

 

早期に負債を完済させる借金返済の方法とは

カードローンやキャッシングなどでお金を借りたことのある人も多いでしょう。

借金はお金がない時に利用すると便利なのですが、月々の返済額や支払い利息額、借入残高、完済予定日などについてしっかり確認しておくと良いでしょう。

借金に苦しむ人の多くは、正確な借金額や完済するまでの期間のことを分かっていないとされており、余計な借金を重ねたり、返済期間が長くなったりしてしまうのです。

そこで借金の状況を簡単な表にまとめておくと良いでしょう。

そうすれば借金がどのくらい減っているのかすぐに分かりますし、あとどのくらいで返済できるのかも予測できるため、早期に借金返済ができるのです。

生活のために仕方なく借金を利用するという人もいるでしょう。

人生にはお金が必要な時もありますし、毎月きっちりと返済していけば問題はありません。

借金を完済するためには、借金返済の方法をしっかりと考えることが大切であり、少しずつその目標に向かっていきましょう。

借金返済期間に送れると借金のブラックリストが心配かと思います。
簡単な借金返済方法の1つのアイデアと考えてもらえればと思います。
 

返済地獄から抜け出す方法

返済地獄から抜け出せる賢い借金返済方法とは

借金を利用したらしっかりと返済していく必要があります。

まず、返済計画をしっかりと立てることが大切であり、計画を立てていないといつの間にか返済が難しくなってしまうことも考えられます。

収入があまりアップしないこともあるでしょうし、転職や失業などで収入が減ってしまうことなどもあるでしょう。

しかし、どんなに返済が厳しくても返さなくて良いというわけではないため、借金返済の方法について考え直していきましょう。

まず高金利の借り入れをしていて返済が困難だという場合、返済を楽にするためにより低金利のローンに借り換えるという方法もあります。

また、複数ある借金を一つにまとめてしまうのも良いでしょう。借り換えではまだ返済が難しいという場合、債務整理を行うというのも良く、債権者と話し合うことで将来の利息をカットしてもらうことなどもできます。

借金返済の方法は人によってどれが最適なのか変わってくるため、専門家にアドバイスしてもらうというのもオススメです。

匿名無料診断で現状を借金の状況・返済方法を確認する
>>  借金返済シミュレーターはこちら <<

勤務先への電話

勤務先に電話がいくのはこんな場合

カードローンから勤務先に電話がいくのは、審査の段階で所得の証明をしなくてはいけないときだけです。

お金が返済できなくなったときにカードローンを提供している金融機関から借金の取り立てとして連絡がいくようなことは絶対にありませんので、そのような悩みを抱える必要は一切ありません。

基本的に、カードローンにおける借金の返済に関しては保証人と言うものが存在しません。

初めてキャッシングをするのならば得にですが、少額融資では消費者だけではなく金融機関にとっても危険性がほとんどありませんので、審査の段階で厳しい条件を相手に対して要求する必要性が全く無いわけです。

キャッシングの借金の返済額というのは必ず融資を受けている本人の年収を超えないように考えられていますので、借金を返済することに苦労すると言う事態そのものが発生しにくいと言うメリットが存在します。

ですので、間違っても勤務先に電話が行くようなことはないので、安心してサービスを利用できるのです。

カードローンの返済地獄・借金地獄から抜け出す方法を紹介しました