1. TOP
  2. お金借りることに慣れていませんか
  3. 【借金慢性化】借金をしている・借りることに慣れていませんか?

【借金慢性化】借金をしている・借りることに慣れていませんか?

借金慢性化

最近友人の弁護士と話をする機会がありました。

その時、借金地獄・自己破産をしている人の典型の一つとして借金をしていることに慣れてしまっているそういう話を聞いたので紹介したいと思います

弁護士の借金整理事情

弁護士の仕事は、裁判や離婚調停などを行うのも一つですが、最近では自己破産や任意整理などの借金問題解決のための業務も多々行っているようです。

そこで借金で困っている人の特徴を聞きました。

このサイトでも何度か書いていますが、借金は一発で首が回らなくなるような状況である場合はあまりありません。

少額の借り入れから、少しずつ雪だるま式に借金が増えていくそれが現実です。

借金:最初の一歩

借金をするという行為は非常にハードルが高いものです。

お金が足りなくなった時に、

  • 他人に借りる
  • 親に借りる
  • 友達に借りる
  • 消費者金融にお金を借りる

など手段はたくさんありますが消費者金融やカードローンキャッシングでお金を借りるという選択肢をしたとしても実際にその行為を行うには非常に勇気がいます。

初めてであれば、なおさらのことでお金を借りるという切羽詰まった状態になったことでやっとその行為が生まれるというのも現実かもしれません。

しかし、申し込んでしまうとお金を借りることは非常に簡単なことでちょっとしたお金を融資してもらい短期間で返済する。

この行為はキャッシングで物を買うようなものと同じような認識になり、借りては返し、借りては返しというお金を借りることが当たり前になってしまいます。

返せているうちは借りてもすぐに返済できるので問題ありませんが問題はここからです。

借りることに慣れていませんか?

いつでもお金を借りられるという認識

お金はいつでも借りられるという認識に移行していきます。

困った時はキャッシングでお金を借りる。

財布が増えたような感覚に陥るのかもしれません。

そして借りているのにもかかわらず、お金が足りなくなるとまた借りてしまう。

これが借金地獄の入り口と言ってもおかしくありません

10万円の借金がある状態で5万円ぐらいならいいかとお金を借りてしまう。

借金が15万になります。

しかし感覚的には5万借りたそれぐらいならいいかという感覚にすぎません。

問題がここで起きます。
今まで返済できたいものが借入額が大きくなることにより返済がタイトになっていきます。

まだ5万円ぐらいならいいものの桁が変わった100万円となると返済額も変わってきます。

もちろんただ返済するだけでは問題ありませんが、足りなくなったら借りられるという思考は消えていません。

よって借金を返さなくてはいけないと言う前に、お金が足りなくなったら借りられるという思考を消さない限り借金返済の道は非常に険しくなっていくのです。

借金 雪だるま

今回、借金に対して陥りやすい考え方、
借金に慣れてしまわないということを紹介しましたが実はこれはクレジットカードを持っている今の世の中において施行としては非常に似ているものがあります。

よって私には関係ないことだと思っている人がいるのであれば
それがまだ借金をしていない人だとしてもしっかり認識しておくといいでしょう。

また少額でも借金をしているということであれば、まずは完済するということをしっかりと認識した上で生活していく必要があるでしょう。

借金相談なら街角

そんな街角法律相談所を利用するメリット


  • 弁護士や司法書士という専門家が無料で自分がする相談に対して返答を行ってくれるということ

  • 任意整理が得意である近くの法律相談所を見つけることができるということ

  • 手軽に相談することができるので大幅な時間の節約になるということ


などが挙げられます。

80%の借金解決率という大きな実績もとっても心強いですよね。
借金を抱えているけれど、その返済方法に対して悩んでいるという方は一度相談してみることをお勧めします。
何も分からないような状況で一人でただひたすらに悩んでいても何も解決しませんので、1日も早く借金生活から逃れるための第一歩にご利用ください。
>> 街角法律相談所はこちら <<